認知症アセスメントシート(DASC):不明な場合は空欄とする_____________

不明 1点 2点 3点 4点
点数 評価項目 留意事項
A:もの忘れが多いと感じますか 1.感じない 2.少し感じる 3.感じる 4.とても感じる
導入の質問
(採点せず)
家族や介護者から見て、「もの忘れ」が現在多いと感じるかどうか
(目立つかどうか)、一人暮らしの方は本人の回答で、その程度を確認
B:1年前と比べてもの忘れが増えてたと感じますか 1.感じない 2.少し感じる 3.感じる 4.とても感じる
家族や介護者から見て、「もの忘れ」が1年前と比べて増えているかどうか、
一人暮らしの方は本人の回答で、その程度を確認
1:財布や鍵など、物を置いた場所がわからなくなることがありますか 1.全くない 2.ときどきある 3.頻繁にある 4.いつもそうだ
記憶 近時記憶 よく探し物をしている、「物がよくなくなる」と言う
2:5分前に聞いた話を思い出せないことがありますか 1.全くない 2.ときどきある 3.頻繁にある 4.いつもそうだ
よく探し物をしている、「物がよくなくなる」と言う
3:自分の生年月日がわからなくなることがありますか 1.全くない 2.ときどきある 3.頻繁にある 4.いつもそうだ
遠隔記憶
4:今日が何月何日かわからないときがありますか 1.全くない 2.ときどきある 3.頻繁にある 4.いつもそうだ
見当識 時間 数日のずれは問題ない。日付が極端にずれている、月を間違うことがある
5:自分のいる場所がどこだかわからなくなることがありますか 1.全くない 2.ときどきある 3.頻繁にある 4.いつもそうだ
場所
6:道に迷って家に帰ってこれなくなることはありますか 1.全くない 2.ときどきある 3.頻繁にある 4.いつもそうだ
道順 外出先で迷子になった、外出したら帰れなくなったなど
7:電気やガスや水道が止まってしまったときに、自分で適切に対処できますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
問題解決
判断力
問題解決 生活上の問題に直面した時に自分で解決できるか
家族に聞いているという場合は、聞く人がいなかったら対処できるか
8:一日の計画を自分で立てることができますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
通院日には間に合うように準備をして出かける、ごみ出し日には時間に合わせて
ごみを出すなどができる、毎日同じ時間にテレビを見るのは計画的行動ではない
9:季節や状況に合った服を自分で選ぶことができますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
社会的判断力
10:一人で買い物はできますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
家庭外の
IADL
買い物 必要なものを必要なだけ買うことができるかを問う質問。同じものを頻繁に
買うなど買い物に関する失敗が頻繁にあれば「あまりできない」に該当する
11:バスや電車、自家用車などを使って一人で外出できますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
交通機関 実際に交通機関を利用して外出する機会がない場合、できそうかで判断する
12:貯金の出し入れや、家賃や公共料金の支払いは一人でできますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
禁煙管理 銀行の窓口やATMで自分のお金を引き出すことができるか
請求書が来れば支払うことができるか
13:電話をかけることができますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
家庭内の
IADL
電話 電話しようと思う相手に電話することができるか
14:自分で食事の準備はできますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
食事の準備 自分で調理するかは関係なく、必要な量の食事を自分で調達し摂取できているか
15:自分で、薬を決まった時間に決まった分量のむことはできますか 1.問題なくできる 2.だいたいできる 3.あまりできない 4.全くできない
服薬管理 服薬管理のみ忘れがあることはふつうだが、昼の薬は半分以上残っていても
朝と夕方はほぼ飲めていれば「だいたいできる」に該当する
16:入浴は一人でできますか 1.問題なくできる 2.見守りや声かけが必要 3.一部介助が必要 4.全介助が必要
身体的
IADL@
入浴 入浴に関する一連の動作を行い、保清ができているか
17:着替えは一人でできますか 1.問題なくできる 2.見守りや声かけが必要 3.一部介助が必要 4.全介助が必要
着替え 用意された服を一人で着ることができるか
18:トイレは一人でできますか 1.問題なくできる 2.見守りや声かけが必要 3.一部介助が必要 4.全介助が必要
排泄 大小便いずれも一人でトイレを使用し排泄に必要な一連の動作を完了しているかる
19:身だしなみを整えることは一人でできますか 1.問題なくできる 2.見守りや声かけが必要 3.一部介助が必要 4.全介助が必要
身体的
IADLA
整容 身だしなみ、髪や爪、洗面、歯磨き、ひげそりなどが一人でできているか
20:食事は一人でできますか 1.問題なくできる 2.見守りや声かけが必要 3.一部介助が必要 4.全介助が必要
食事 用意された食事を一人でたべることができるか
21:家の中での移動は一人でできますか 1.問題なくできる 2.見守りや声かけが必要 3.一部介助が必要 4.全介助が必要
移動 杖歩行器車イスなどを利用して一人で移動できれば「問題なくできる」る
1-18 (29点以上)   1-21 (31点以上)


1.認知機能障害と生活機能障害のプロフィルから認知症の可能性を評価する場合

(1)認知機能障害(記憶,見当識,問題解決・判断)の各項目のいずれかが障害領域(3〜4点)であり,かつ,生活機能(家庭外のIADL,家庭内のIADL, 身体的ADL@A)のいずれかが障害領域(3〜4点)の場合には,「認知症の可能性あり」と判定する.

(2)(1)を満足し,かつ,記憶のドメインで遠隔記憶(項目3),見当識のドメインで場所(項目5),問題解決・判断で社会的判断力(項目9)のいずれかが障害領域(3〜4点)か,身体的ADL@A(項目16〜項目21)が障害領域(3〜4点)であれば,「中等度以上の認知症の可能性あり」と判定する.

(3)(1)を満足し,かつ,記憶のドメインで遠隔記憶(項目3),見当識のドメインで場所(項目5),問題解決・判断で社会的判断力(項目9)のいずれも障害領域ではなく(1〜2点),身体的ADL@A(項目16〜項目21)も障害領域でなければ(1〜2点),「軽度認知症の可能性あり」と判定する.

2.合計点を用いる場合

DASC-21の合計点が31点以上の場合は「認知症の可能性あり」と判定する.